大殺界早見表、火星人マイナスの年運、月運(六星占術の運命周期)

2020年 火星人マイナス(-)の全体運 2020年の火星人マイナス(-)の全体運は、やや低迷した運気となりそうです。 仕事でもプライベートでも、コミュニケーションがスムーズなので相性が良くなっています。

15
更に月運や日運もチェックして今年の詳細なスケジュールを立てたいところです。 しかし、異性の火星人マイナスと土星人の相性は非常に悪くなっています。

火星人マイナス2020年7月、8月の月運【細木かおりの六星占術】

電話やメールでなく、直接会う方があなたに対する好感度もアップし、協力にも熱を入れてもらえるでしょう。 あなたにとって本当に素晴らしい恋愛を見つけるのに、自分が何を求めてるのかじっくりと考える時期がやってきているのです。 月運と合わせて日運も掲載するので一緒に確認してくださいね。

14
御自身の運勢を知りたい場合など詳細はこの記事の文末に紹介している細木数子先生(現在は細木かおり先生の引き継いでおられます)の書籍で確認ください) 今回は火星人マイナスの年運、月運などの運命周期をまとめます。 (参考:) 年運>月運>日運の順番に強いので、今回まとめている月運をチェックしおおまかな行動計画を考えた後で上記リンク先の日運もチェックし詳細なスケジュール調整をするといいでしょう。

火星人-(マイナス)|細木かおりさんが六星占術で占う2021年の運命

以下のリンク先で確認ください。 ものすごく恋愛運が悪く体が傷つくというわけではないのですが、この2020年はあなたご自身のエネルギーが非常に落ち込んでいるので、最後のひと押し二推しがなかなかできません。 しかし転職や独立を考えている場合は、この時期に事柄を動かすのは得策ではありません。

3
ですからこの2020年はまずはしっかりと体調管理をし、ゆっくりと休みを取ることを最優先で考えましょう。 天王星人と関係を発展させたいのなら、思い切って声をかけてあげるのがオススメです。

火星人マイナス(-)2020年の運勢を占う

無理な計画を立てないように。

11
この一年は人に期待しても得られるものは、なにもないといっていいいかもしれません。 次のチャンスが来るまでの準備をしておくことで大きなステップアップが期待できるでしょう。

六星占術・木星人マイナス(-)の2020年(令和2年)の運勢と月運を完全紹介

この2020年は運勢的に行っても、むやみやたらに肩に力が入ってしまうところがあります。 家庭が幸せの基本になる火星人にとって、結婚のタイミングは重要。 仕事運と恋愛運はなかなか上昇気味のようですが、少しばかり金運に足を引っ張られてしまっているようですね。

14
今年1年は体力を使うことよりも、精神的な充足に時間を費やすようにすると良いでしょう。

六星占術・木星人マイナス(-)の2020年(令和2年)の運勢と月運を完全紹介

干支では、卯年・酉年生まれの人とは相性がよく、困ったときに助けてくれる強い味方です。 ですからこの2020年に将来を約束するようなことはやめたほうがいいた方が良いです。

18
年運が小殺界の<健弱>ということで運気は低下、特に健康面に注意したい時期になります。 月末から少しずつ運気が良くなっていくので我慢強く頑張りましょう。