叫び (エドヴァルド・ムンク)

ムンクの母国語であるノルウェー語では"skrik"は"scream"と翻訳されるが、英語では"skrik"は"shriek"と翻訳される。 ムンクが見たものが幻覚、幻聴だったのかは分かりません。

一般的に画家にとって《自画像》は特殊な意味を持ちます。

ムンク展2018「叫び」を見に行く前に知っておくとおもしろい話

1892年1月22日に書かれたムンクの日記には 「私は二人の友人と一緒に道を歩いていた。 初期のような緊張と狂気のスレスレを描く絵画の生命感は、晩年に行くほど少なくなっていきます。

12
ムンクはこの絵を大量生産した。

なぜムンクは「叫び」を描いたのか?

維持費にすらあいえでいる館が世界的に多い中では。

7
5㎝ オスロ国立美術館蔵 ムンクはその長い人生において多くの自画像を残した画家でもありました。 世界的に有名な絵画の豆知識 ムンクの残した文章を見ると、叫んでいるのは自然で、描かれている人物は耳を塞いでいるということになります。

なぜムンクは「叫び」を描いたのか?

心の不安を、ダイレクトに色彩と形態を用いて描いたムンクの「叫び」。 それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。

15
前景と後景の人物の対比が,非常に美しい。

ムンクの『叫び』の人物は、叫んでいる訳じゃない!?誰もが知る名画の豆知識

しかし、誰もが一度は見たことがあるであろう この名画「 叫び」に対するイメージには誤解があるらしい。

12
また、ムンクは1893年から1910年の間にて、「叫び」4点を異なる構図にて制作した。

いくつ知ってた?ムンクの名作『叫び』に関しての面白い13の雑学 : カラパイア

『接吻』は,その表現に改めて心を動かされた。 大工房を経営し何人もの助手に囲まれ スペインの王様フェリペ4世、イングランドのチャールズ1世ら ヨーロッパの王侯貴族を顧客に持ち、生涯2500点以上の作品が創作された。

3
1994年2月14日、リレハンメルオリンピック開会式当日に事件は起こりました。 そしてチューブに入った油絵の具が19世紀に登場すると、西洋絵画のほとんどは油絵の具で描かれるようになりました。