紫式部日記

」とお喜びになる。 昔のやうにはえしもあらじ。

(私のように物思いをすることが多い身には素直に喜べない。 福岡教育大学名誉教授。

和泉式部日記『夢よりもはかなき世の中・薫る香に』現代語訳

世の中の様子をすっかり見届けなさるまでは、このようなお出かけはなさらないのが良いでしょう」と申し上げなさる。 17 やうやう 副詞。

どのように(帥宮に)申し上げたらよいでしょうか。 [御心に入れて] ご熱心で。

紫式部日記『和泉式部と清少納言』現代語訳(1)(2)

夢よりもはかない男女の仲を、嘆き悲しんで日々を明かし暮らすうちに、四月十日過ぎになったので、(たくさん葉がついてきて)木の下がしだいに暗くなってゆく。 これら表面的な話の他にも、紫式部はおそらく何らかの心の闇を抱えていたのだろうと思います。 庭の端の方に目をやると、築地の上の草が青々としているのも、他の人は特に目を留めないけれど、私はしみじみと見ているときに、すぐそばの透垣のところに人の気配がしたので、「誰だろうか」と思っていると、出てきたのを見たところ、亡き宮(為尊親王)にお仕えしていた小舎人童なのだった。

1
19 けはひ 名詞。 「あはれ、この宮の御 尿 しと に濡るるは、うれしきわざかな。

至急!現代語訳をお願いします。(紫式部日記)それを、「男だに、才がり...

前半部分は、当時の時代背景を知っていないとわかりにくい部分もありますが、後半の持論を熱く語る部分は予備知識がなくてもスラスラ読めて、現代に通ずる部分も数多くあるので読んでいてとても面白いです。

7
かかる御ありきの御ともにあるかむ人々は大殿に申さむ。

和泉式部日記『夢よりもはかなき世の中・薫る香に』現代語訳

ただでさえ、その女は男性がたくさん通う所です。

14
口をついて実に自然と歌が詠まれるようだと、思われる(和歌の)作風でございますよ。 歌は、いとをかしきこと。

紫式部日記「秋のけはひ」原文と現代語訳・解説・問題

重要な品詞と語句の解説 語句【注】 品詞と意味 1 けはひ 名詞。 いろいろ移ろひたるも、黄なるが見どころあるも、さまざまに植ゑたてたるも、朝霧の絶え間に見わたしたるは、げに老いも退ぞきぬべき心地するに、なぞや。 (2) まだ端におはしましけるに、この童隠れの方に気色ばみけるけはひを、御覧じつけて、 (帥宮が)まだ縁先にいらっしゃったが、子の童が物陰で様子ありげなふりをしているのを、(それを帥宮が)お見つけになって、 「いかに。

1
まことにかう読ませ給ひなどすること、はたかのものいひの内侍は、え聞かざるべし。 』と申し候ひつれば、 『参上します。

『紫式部日記』 本文・現代語訳

18 松 風• 西のそばなる御座に、夜も昼も候ふ。 5 「源氏物語」が世界中の人々から広く読まれ、少しでも日本文化の理解と学術の振興に役立つことを願っています。

16
紫式部はこれに相当悩んだようです。 手持ち無沙汰ですので、ちょっとした慰みを。

「紫式部日記」を読む

人と違うことをすることで、自分を特別なように見立ててますけど、そんなの上っ面だけを取り繕った姿なんて嘘っぱちですわ!(おそらく枕草子のことを批判している)」(超訳)とか とにかく、辛口でバシバシと自分の意見を述べてゆきます。 「ああ、この若宮の御尿に濡れるのは、うれしい出来事だなあ。

ただし、角川文庫でなくても原文があれば他の注釈書など、お持ちのものでかまいません。 紫式部日記「秋のけはひ」の解説 紫式部日記でも有名な、「秋のけはひ」について解説していきます。