「竜馬がゆく(司馬遼太郎)」より坂本竜馬(龍馬)の名言・台詞まとめました

勝孝子:• 原作者の司馬遼太郎が「維新の奇跡」と呼んだ男・坂本竜馬。

1
行き届いた親切 大政奉還の提案とともに、竜馬が書いたのが船中八策だ。

竜馬がゆく (NHK大河ドラマ)

[ ]• いかに正義を行なおうと、ことごとく悪意にとられ、ついにはみずから事を捨てざるをえなくなります」 「なるほど浪人会社をおこすにはこのさき金が頼りだが、金よりも大事なものに評判というものがある。 おれはもともと、そんな危険性のある男だ」 確かに一番こわいことは、自分が自分に愛想をつかすことかもしれない。

現代でいうパスポートです。

『竜馬がゆく』のあらすじや感想、登場人物を解説!司馬遼太郎が描く至極の歴史小説

弥太郎は同じ牢に入っている太助を師匠と呼ぶ。 おれにはそれがない。 月日が経つと、竜馬の剣の腕はみるみる上達し、若先生の千葉重太郎の他に太刀打ちできる者がいなくなっていました。

13
勝のみるところ、竜馬はじつにとくな人間で、平素は土佐弁でいう無愛想い(すぼこい)つらつきのくせに、いったんよろこぶとなると、相手の心にまでしみとおるようなよろこびかたをする。 この冴の仇が件の男のようなのだ。

【竜馬がゆく】第2巻。竜馬が覚醒、脱藩まで。

もし奮い起つような刺激が欲しいのであれば、下手な自己啓発本より断然「竜馬がゆく」がおすすめです。 会談はもたれたが、肝心の薩長同盟について、どちら側からも言い出さなかったという。 戸梶源蔵:• 1つ共通条件があるとすれば、大事をなそうと志し、行動したことだろう。

18
竜馬のスタンス 竜馬は大局観があったように思う。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第1巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

武市は竜馬に言う。 関ヶ原の戦いで長曽我部が西軍に属したため、長曽我部の家臣は、掛川からやってきた山内家の家臣より一段下に置かれることになる。 といった価値観に変わっていく。

その中、福岡田鶴が坂本家を訪ねてきた。 一刻が過ぎた。

【竜馬がゆく】第2巻。竜馬が覚醒、脱藩まで。

後藤象二郎:• 監督:、• その分長時間読めたからこそ、本が手軽になった。 妙に、人間というものに心優しいということだ。

15
わしは敵とは思うちょらん」 「慎重もええが、思いきったところがなきりゃいかん。

司馬遼太郎「竜馬がゆく」名言に学べ

千野:• 君にせよ西郷にせよ、しょせんは日本人にあらず、長州人・薩州人なのか」 「長州が可哀そうではないか」 「三吉君、逃げ路があるかないかということは天が考えることだ。 土佐藩家老・福岡宮内の娘。 この地震を土佐では寅の大変とよばれた。

1
例えば、寺田屋騒動の直後に、竜馬が寺田屋を訪れた時の、女将(おかみ)のお登勢との会話。

「竜馬がゆく」歴代作品別キャスト比較 大河ドラマからテレビ時代劇まで配役一覧

企画協力: キャスト [ ]• 制作:• 奇才・高杉の秘術のタネは1つだという。 勝海舟への入門。 尊王派を弾圧する動きを見せるなか、桜田門外の変は起きる。

12
人生、何が幸いするかわからない。 せめて夜警でもしよう) 竜馬は、一見、不逞、性不覊、その男が夜警をしようというつもりになったとは、よほどのことであろう。

風頭公園

私の生き方に大きな影響を与えた本です。

10
寝待ちの藤兵衛:• 「そばに、いてくれよ…一生だぜ」 二人は西郷のはからいで鹿児島への旅に出る。 作法、儀礼という人の作った規則を受け付けないたちのようなのだ。