トラボックス 配車支援システム「トラじろう」開発|製品・IT|物流ウィークリー|物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙

そんなある日、以前からの知り合いだった南(壮一郎)さん(ビジョナル株式会社 代表取締役社長)からトラボックスがVisionalグループに加わったという話を聞きまして。 近年は荷物量の増加とドライバー不足の深刻化により変革が求められている物流業界ですが、経済産業省の「デジタルトランスフォーメーション(DX)レポート」では、IT化が遅れており、「ロジスティクスは企業の生産性を落としている可能性のある分野」とされています。

15
2021年2月、代表取締役会長就任。

トラボックス 配車支援システム「トラじろう」開発|製品・IT|物流ウィークリー|物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙

杉板 2m ・・・40枚 角材はきれいに並べて積み込みます。

7
人がやらなくてもいい業務はテクノロジーで解決して効率化し、節約できた時間を、例えば、お客様の新規開拓や社員同士のコミュニケーション向上など、人が介在しなくてはできない業務に注力いただく。

軽トラ荷台に載せている荷物の盗難が不安な方におすすめのボックス

そして諸条件がお互い合致、依頼主の希望内容で荷物を運んでもらえるシステム。 運賃が高くならず、給料も高くなっていませんから。

久しぶりのブログ掲載となります。

単発便でGO!(求荷求車)新着荷物情報|トラボックス

メルカリでは日本向け「メルカリ」、アメリカ向け「メルカリ」の東京チーム、それぞれの組織におけるプロダクト責任者をしていたのですが、直近の2年は、メルペイにて人事とビジネスオペレーションの責任者として経営に関わり、幅広い経験を積ませていただきました。

19
B2Bビジネスにおける業界の変革には時間がかかり、難易度も高いです。

トラボックス 配車支援システム「トラじろう」開発|製品・IT|物流ウィークリー|物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙

トラボックスの事業を通じて、自分たちの子どもや孫の世代に、「運送会社で働きたい」と思ってもらえるような未来を目指したいですね。

14
ウェブサイトへ依頼主が運搬内容・運搬先・希望日程・予算などの依頼内容を掲載すると、 トラボックスに加盟している運送会社から応募があります。 軽トラックって荷台に荷物を沢山載せれるので便利だけど買い物などで車を少し離れるとき、平シートや幌だと鍵ができなくて 荷物が盗まれてしまうんじゃないだろうか・・・ と、 常に心配 で、 ストレス を感じている方は少なくないのではないでしょうか? そんな荷物が心配な方におすすめな製品があります それは・・・ 「トラボ」です ここで、トラボって何???と思われた方へ簡単に説明しますと、 軽トラックの荷台に載せるだけで大切な荷物を雨・風・雪・ホコリ・直射日光などから守ってくれる、軽トラ荷台専用ボックスです^^ カギ付きなので盗難にも安心のボックスです また、全メーカーの軽トラックに搭載できちゃうんです 【トラボ】は、盗難防止のために、 扉(ハッチ)に施鍵ができます。

単発便でGO!(求荷求車)空きトラック情報|トラボックス

二つ目の求貨求車サービスについては、「当社の求貨求車サービスは特殊で、荷物の情報を検索して運びたいという会員は直接荷主に電話し、口頭で契約することができる」とし、「繁忙期は1日2万件近くの情報が掲載されるので、全国の荷動きを見るためにも使う人もいる」という。 トラボックスがより進化すれば、運送会社のみなさんの経営環境もさらに良くなると信じています。

SE・デザイナーの中川晴吾氏は、「これまでのようにわざわざ案件を入力する必要はなく、配車すれば、請求書まで出てしまう仕組み」と胸を張る。 また、コロナ禍の状況を見ながらではありますが、これまで21年間行ってきた交流会やセミナーといったオフラインでのお客様との密接なコミュニケーションを、私が主導して再開したいと思っています。

トラボックス、新経営体制へ。組織を強化し、物流の仕組みを、未来へ加速させる。|ALL VISIONAL

吉岡泰一郎社長は「今年の目玉にしたい」とし、「会員限定のサービスとして、利用料は当面無料」としている。 そして、自分の持つテクノロジーとプロダクトの経験を活かし、トラボックスの価値をもっと深めたい、広めたいと思う自分がいました。

1
少数精鋭で進めており一人一人の裁量が大きいので、仲間と信頼しあうこと、お互いの能力と信念を信じて、任せる、頼る。 単身引越しの情報や宅配便の情報などは、逆に大型トラックでは対応できず、マッチング機会のロスを招いていたが、今回のサービス新設による軽貨物事業者の利用促進で機会ロスが減少する。

トラボックス 「トラじろう」など利用促進|物流ニュース|物流ウィークリー|物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙

さて、軽トラほど、便利な車はありません。 でも、だからこそ二人で組む意味があると思っています。

4
ITの力で物流業界の生産性を上げて、収益が上がり、もっと魅力が高まれば、業界のイメージも今より良くなると思います。

単発便でGO!(求荷求車)新着荷物情報|トラボックス

まずはお客様である運送会社のみなさまが日常的な営業活動を通じての利益をしっかり増やし、結果的には、働いていらっしゃる社員の方々の給料が上がり、運送会社で働きたいという人を増やしていきたいです。 トラボックス(東京都渋谷区)は8月1日、会員向けに独自の配車支援システム「トラじろう」の提供を開始した。 メルカリ・メルペイは素晴らしい会社で、今でも大好きです。

4
着脱も、とても簡単です。 トラック運送 会社を結ぶ日本最大の物流オンラインネットワークサービス会社です。