予算委員会に関するトピックス:朝日新聞デジタル

稲葉誠一君 六四• 米沢隆君 一二• 小谷輝二君 一〇三• 横手文雄君 一八二• 大橋敏雄君 七六• 不破哲三君 二二• なお、予算が4月4日まで成立しないと、各省庁の歳出に影響が生じることとなっているため、審議の遅れに伴いが組まれることもある。

11
山田英介君 一七九• - 衆議院• 八 労働 三八• 委員配付 二三• 駒谷明君 一〇五• 井上一成君 一五• 一 昭和六十年度補正予算 三一三• 簑輪幸代君 一七二• 正森成二君 二五• 第四 大蔵大臣の提案理由説明 一九五• 梅田勝君 六六• 二 経済 経済一般、為替、中小企業、国際経済 八一• 宮地正介君 七四• 川俣健二郎君 九• 第六 委員会資料件名• 「バカヤロー」事件 (昭和28年)の衆議院予算委員会にて、議員のの発言に怒りを感じた首相のが「バカヤロー」と発言し、この後の衆議院本会議にて衆議院は解散された。 中島武敏君 一四二• 付 委員会運営 集中審議要求、資料要求 三一一• 第八 予算審査中の政府の重要発言• 自民党の憲法改正草案 (2016年07月04日 朝刊) 野党時代の2012年4月に発表。

予算委員会

大島理森君 七五• 細谷治嘉君 二〇七• 和田貞夫君 一八七• 藤木洋子君 一五六• 六 文教・科学技術 交教一般、教育改革・臨時教育審議会、初中教育、高校、大学、社会教育・文化財・スポーツ、科学技術 二三二• 第一 予算委員氏名 三• 上田哲君 六五• 第四分科会:• 第三 審査の経過 五三• 第一〇 予算審査中の政府の重要発言• 瀬長亀次郎君 一二二• 委員配付 四五• だが、景気後退を受けて、目標の達成は困難となり、与謝野経済財政担当相も5月20日の参院 予算委員会で「もはや到達できない」と正式に表明した。

中川利三郎君 一四一• 大内啓伍君 七四• 一八 公聴会における質疑 財政・金融、経済、外交・防衛、文教、厚生、国鉄、地方行財政 三〇八• 2017年9月30日閲覧。 四 防衛 防衛一般、防衛費、非核三原則・核持ち込み 八二• 第一 予算委員氏名 一八九• 第百三回国会 臨時会• - YouTube たまきチャンネル 2019年10月4日• 川俣健二郎君 二〇三• 一〇 エネルギー 石油、原子力、その他 二六一• 浜田幸一君 七三• そして、おおむね2~3日にわたり全閣僚が出席し、 基本的質疑が行われる。

衆議院予算委員会審議要録.第103回国会(臨時会)

浜田幸一君 一五〇• 第二 審査の経過 四• こうした危機感から、政府は、06年に小泉政権下でまとめた「骨太の方針06」で、年度の税収で借金返済の元利払いを除く歳出をまかなう「基礎的財政収支の黒字化」を11年度に達成することを目指すと明記。

2
九 SDIに関する中曽根内閣総理大臣、藤井北米局長及び小和田条約局長の発言 三三二• 広瀬秀吉君 一五五• 昭和六十二年度補正予算審査• 菅原喜重郎君 一一八• 辻一彦君 一三七• こうした財政悪化に対し、政府が歳出カットなどの手を打たなければ、市場の信頼を失って国の借金である国債の買い手がつかず、国債の利回りである長期金利も急騰しかねない。

予算特別委員会

水谷弘君 七四• 鈴切康雄君 一二〇• 長田武士君 八六• 辻第一君 一三八• 四 防衛 防衛一般、防衛費、SDI、非核三原則・核持ち込み・核軍縮、基地、自衛隊 二一八• 第百八回国会 常会• 第五 審査中の政府の重要発言• 五 司法・警察 法務・裁判所、警察 二三〇• 六 厚生 八三• 一 財政再建計画の見直しに関する中曽根内閣総理大臣及び宮澤大蔵大臣の発言 四四• 林義郎君 二〇六• 一五 地方財政 四〇• 伊藤公介君 六• 吉浦忠治君 一八三• 山口敏夫君 一七八• 坂井弘一君 一一一• 馬場昇君 一四九• 大出俊君 七一• 九 建設 一九• 大原亨君 七六• 上田哲君 一六• 小沢貞孝君 七一• 尾身幸次君 七一• 中馬弘毅君 一三五• 近江巳記夫君 七六• 昭和六十一年度総予算及び昭和六十年度補正予算 四六• 五 司法 三八• 矢島恒夫君 七四• 安井吉典君 一七七• 木下敬之助君 六九• 松前仰君 一六八• 佐藤誼君 一一〇• 新村源雄君 一一八• 一〇 国会 八五• 第三 審査の経過 一〇• 森本晃司君 一七五• 五十嵐広三君 五二• 渡辺三郎君 一九二• 岡本富夫君 八四• 大出俊君 八• 和田一仁君 七六• 中村茂君 一四五• 井上普方君 六四• 一三 郵政・電気通信 郵政、通信・放送 二八四• 浜西鉄雄君 一五一• 一 昭和六十二年度総予算 五九• 令和 3年 1月15日現在 予算委員会 委員名簿 役職 氏名 ふりがな 会派 委員長 金田 勝年君 かねだ かつとし 自民 理事 後藤 茂之君 ごとう しげゆき 自民 理事 齋藤 健君 さいとう けん 自民 理事 橋本 岳君 はしもと がく 自民 理事 藤原 崇君 ふじわら たかし 自民 理事 細田 健一君 ほそだ けんいち 自民 理事 山際 大志郎君 やまぎわ だいしろう 自民 理事 奥野 総一郎君 おくの そういちろう 立民 理事 辻元 清美君 つじもと きよみ 立民 理事 浜地 雅一君 はまち まさかず 公明 委員 秋葉 賢也君 あきば けんや 自民 委員 秋本 真利君 あきもと まさとし 自民 委員 伊藤 達也君 いとう たつや 自民 委員 石破 茂君 いしば しげる 自民 委員 今村 雅弘君 いまむら まさひろ 自民 委員 岩屋 毅君 いわや たけし 自民 委員 うえの 賢一郎君 うえの けんいちろう 自民 委員 江藤 拓君 えとう たく 自民 委員 衛藤 征士郎君 えとう せいしろう 自民 委員 小倉 將信君 おぐら まさのぶ 自民 委員 神山 佐市君 かみやま さいち 自民 委員 河村 建夫君 かわむら たけお 自民 委員 北村 誠吾君 きたむら せいご 自民 委員 佐々木 紀君 ささき はじめ 自民 委員 菅原 一秀君 すがわら いっしゅう 自民 委員 田中 和徳君 たなか かずのり 自民 委員 根本 匠君 ねもと たくみ 自民 委員 野田 毅君 のだ たけし 自民 委員 原田 義昭君 はらだ よしあき 自民 委員 古屋 圭司君 ふるや けいじ 自民 委員 村井 英樹君 むらい ひでき 自民 委員 山本 幸三君 やまもと こうぞう 自民 委員 山本 有二君 やまもと ゆうじ 自民 委員 渡辺 博道君 わたなべ ひろみち 自民 委員 今井 雅人君 いまい まさと 立民 委員 大西 健介君 おおにし けんすけ 立民 委員 逢坂 誠二君 おおさか せいじ 立民 委員 岡田 克也君 おかだ かつや 立民 委員 岡本 充功君 おかもと みつのり 立民 委員 川内 博史君 かわうち ひろし 立民 委員 玄葉 光一郎君 げんば こういちろう 立民 委員 後藤 祐一君 ごとう ゆういち 立民 委員 本多 平直君 ほんだ ひらなお 立民 委員 森山 浩行君 もりやま ひろゆき 立民 委員 太田 昌孝君 おおた まさたか 公明 委員 濱村 進君 はまむら すすむ 公明 委員 藤野 保史君 ふじの やすふみ 共産 委員 宮本 徹君 みやもと とおる 共産 委員 藤田 文武君 ふじた ふみたけ 維新 委員 西岡 秀子君 にしおか ひでこ 国民. 二 国鉄用地売却に関する三塚運輸大臣の発言 三二五• いいですね。 矢追秀彦君 一七五• 近江巳記夫君 一七• 第三 審査の経過 一九二• 一 政府提出 三三九• 宮地正介君 一七三• 三 外交 一五• 田中恒利君 一二五• 山口鶴男君 七五• 上西和郎君 八八• 野田毅君 七三• 川崎寛治君 二〇一• 小平忠君 一〇二• 一七 国会 三〇八• 第八分科会: そして、最後に全閣僚出席のもとで 締めくくり質疑を経て、各党各の代表者が予算の賛否について意見を述べる 討論を経て採決に付され、予算委員会での審議は終わる。

15
鈴木強君 一一九• 吉原米治君 一八五• 第百六回国会 特別会• 第一二 参考資料• 上原康助君 六五• 一 政府提出 九二• 一四 建設 四〇• 」と断り付き)、それらを元に当日の質問を行った。 第七 本会議における委員長報告 四二• 野間友一君 一四九• 薮仲義彦君 一七七• 伊藤英成君 五六• 八 建設 八四• 二見伸明君 一五八• 山下八洲夫君 一七九• 三 外交 八二• 工藤晃君 九九• 東中光雄君 一五四• 貝沼次郎君 八七• 第二 予算審査総括表 審査一覧表、審査日数、各会派別質疑者数、質疑時間 五〇• 関連キーワード• 清水勇君 一一七• 歴代予算委員長名簿 四一九 目次• 古川雅司君 一六一• 二 財政運営の基本的考え方と中期試算 三八九• 吉田之久君 一八三• 二 経済 経済一般、産業政策・消費者保護、中小企業、公正取引、為替、国際経済 二〇二• 矢追秀彦君 二五• 渡辺朗君 一九二• 1 財政改革を進めるに当たっての基本的考え方 三八九• 関晴正君 一二二• 首相を含めた全閣僚と与野党が直接対峙して連日論戦を交わす、の花形となっている。

立憲民主党 委員会 委員一覧

。 。

18
。 。

衆参予算委 25日に「内外の諸課題」集中審議で与野党合意

。 。

。 。