災害救助法とは

別表第二 都道府県内人口 住家滅失世帯数 100万人未満 1,000世帯 100万人以上200万人未満 1,500世帯 200万人以上300万人未満 2,000世帯 300万人以上 2,500世帯 別表第三 市町村内人口 住家滅失世帯数 5,000人未満 15世帯 5,000人以上15,000人未満 20世帯 15,000人以上30,000人未満 25世帯 30,000人以上50,000人未満 30世帯 50,000人以上100,000人未満 40世帯 100,000人以上300,000人未満 50世帯 300,000人以上 75世帯 別表第二を満たした都道府県内で上記を満たした市町村が適用自治体となる。 こうしてまず全国的に指定された上で、各自治体が国庫補助の上積みを受けるためには、1年間の激甚災害に係る災害復旧事業費等の自治体の自己負担額がその都道府県の標準税収入の10%、市町村ならば5%を超えることが必要になります。

10
そして、 地方自治体が災害救助のために必要となった費用を国が負担するように規定されています。 全国的に大規模な災害が生じた場合は、例えば公共土木施設等による全国の災害復旧の査定見込額が約1785億円を超えれば本激の指定(本激A基準)が可能になります。

災害救助法について(市町村職員向け)

屋根の雪下ろしは一人暮らしの高齢者や障害者、生活世帯など自分の力や費用で作業できない世帯が対象。 有名な災害対策基本法の改定は、緊急(災害)時の車両の強制移動が可能になったことです。

9
は区単位)の2つの適用単位があり、各自治体の人口ごとに定められた下表の区分に従う。 それは、 「地方公共団体の人口に応じた住宅の滅失数、あるいは世帯数」 「多数の物が、生命または身体に危害をうけ、またはうけるおそれが生じた場合」 です。

災害救助法とは?具体的支援とその適応基準を知っておきましょう

災害が起きる前から起きた後までの最適で細かい対応方法が記されているため、災害時にはそのガイドラインに則して行動することができる• その後、 2011年3月11日に起きた東日本大震災を機に大きく改正され、被災地への対応だけではなく、被災者側や支援する側の対応や方法も明記されています。

9
住民は避難を余儀なくされており、救助がすぐに必要である際に適用されるものが災害救助法なのです。

災害救助法について(市町村職員向け)

具体的には、被災者への食品や生活必需品の補給に特別な方法が必要であったり、被災者の救出に特別な方法が必要であったりする場合。

19 熊本地震に関して、「激甚災害指定」と「災害救助法の指定」が話題になっています。 一方、「激甚災害制度」は、国民経済に著しい影響を与えるような激甚な災害から復旧するにあたり、自治体の財政負担を軽減するために、公共土木施設や農地等の災害復旧に必要な費用に関して国庫補助の嵩上げを行うものです。

災害救助法と激甚災害

「災害救助法の指定」を受けると避難所、応急仮設住宅の設置、食品、飲料水の給与、医療、被災者の救出などにかかる費用について市町村の負担がなくなります。

15
災害が起きた地域だけで救助を行うことは財政的に不可能であることが多く、 日本として災害地域と被災者を援助できるという法律が災害救助法なのです。 激甚災害に指定されるかどうかは、その災害からの復旧にいくらぐらい必要になるのか、そしてその金額がその自治体の財政力と比べてどの程度になるかによります。

災害救助法について(市町村職員向け)

この法律によって、防災に対する総合的・計画的な体制がつくられています。 「局激」とは、市町村単位で激甚災害の指定を行う場合の基準です。 災害救助法が適応されるには、指定された基準を満たす必要があります。

県条例は法の対象にならないの災害に適用され、累年平均積雪深が1・1〜1・25倍と低くなっている。

災害が多い日本で定められている災害救助法や災害対策基本法とは?

これに加えて、• 災害対策基本法は主に6つの要素から成り立っています。 今後も改正がなされていくであろう、これらの法律については、私たちも注目して知識を得ておきたいものです。

18
災害対策基本法は毎年改定されている (出典:「災害対策基本法」) (出典:「災害対策基本法の概要」) 災害救助法とは 災害救助法とは、災害が起きたときに応急救助を行い、被災者を保護し社会の秩序を守り維持するために作成された法律です。 (出典:「1959 伊勢湾台風」,2008) 災害対策基本法は毎年改定が行われている 災害対策基本法は毎年改定されています。

災害救助法について(市町村職員向け)

なお「住家滅失世帯数」は以下の通り換算する。 ・避難所の設置 ・応急仮設住宅の供与 ・炊き出しその他による食用の給与 ・飲料水の供給 ・被服、寝具その他生活必需品の給与・貸与 ・医療・助産 ・被災者の救出 ・住宅の応急修理 ・学用品の給与 ・埋葬 ・死体の捜索・処理 ・障害物の除去 これらの支援が、地方公共団体、もしくは国の費用負担で行われます。

災害が起きたときに、日本という国家はどのように対応し取り組むべきかが防災基本計画に記されています。 災害救助法では以下のような方法で災害被害者を支援してくれます。

災害救助法

へき地で発生した災害など救護が困難な事情がある場合。 予防 応急 復旧・復興のため 大規模地震対策特別措置法 津波対策の推進に関する法律 地震財特法 建築物の耐震改修の促進に関する法律 密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律 東南海・南海地震にかかわる地震防災対策の推進に関する特別措置法 日本海溝・千鳥開港周辺海溝型地震にかかわる地震防災対策の推進に関する特別措置法 災害救助法 消防法 警察法 自衛隊法 水防法 中小企業信用保険法 天災融資法 小規模企業者等設備導入資金助成法 災害弔慰金の支給等に関する法律 雇用保険法 被災者生活再建支援法 株式会社日本政策金融公庫法 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律 公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法 公立学校施設災害復旧費国庫負担法 被災市街地復興特別措置法 被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法 森林国営保険法 農業災害補償法 地震保険に関する法律 災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律 防災のための手段移転保身事 活動火山対策特別措置法 河川法 特定都市河川浸水被害対策法 砂防法 森林法 特殊土壌地帯災害防除及び復興臨時措置法 地すべり等防止法 急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律 豪雪地帯対策特別措置法 原子力災害対策特別措置法 日本にはこれらを含む 災害対策基本法という法律があります。

4
激甚災害の指定は、復旧費用がその自治体の財政力の一定割合を超えるかどうかで、機械的に決まります。