源氏物語 「光源氏の誕生」 現代語訳

「思う」の尊敬語。

7
時は、なほよりどころなく心細げなり。

源氏物語「光る君誕生」

夕顔 頭中将が愛した姫君であったが、正妻から恨みを受け、姿を隠す。 覚えいとやむごとなく、上衆めかしけれど、わりなくまつはさせ給ふあまりに、さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、まづ参上らせ給ふ、ある時には大殿籠り過ぐしてやがて候はせ給ひなど、あながちに御前去らずもてなさせ給ひしほどに、おのづから軽き方にも見えしを、この皇子生まれ給ひてのちは、いと心異に思ほしおきてたれば、坊にも、ようせずは、この御子の居給ふべきなめりと、一の皇子の女御は思し疑へり。 この間、自分の小説は書けなかった。

7
朝晩の宮仕えにつけても、 他の 人々の心を動揺させるばかりで、恨みを受けることが積もり積もった結果であったのであろうか、たいそう病気がちになってゆき、なんとなく心細い様子で実家に下がりがちであるのを、 帝は ますます限りなくいとしい者とお思いになって、他人の非難をも気にすることがおできにならず、世間の 悪い 先例にもなってしまいそうなご待遇である。

源氏物語「光源氏の誕生」」(桐壺) 現代語訳

宇治十帖は男女のすれ違いの連続で、誰も幸せになっていない。

14
「いじめ」というのは、「桐壷の更衣」が御所の中で歩く先に汚物が置かれて歩けなくされたり、行き来する御所の扉を出入口両方閉められ、閉じ込められるといった感じの事をされるのですが、こうした事をされ、「桐壷の更衣」は徐々に体を弱られてしまいます。

『源氏物語』「光源氏の誕生」

(「紫」の由来は不明) 紫式部の父である藤原為時はかなりエリートで、漢文などの学問に秀でており、花山天皇の頃は天皇に漢文を教えていました。

14
(桐壷の更衣にとって)まことに不都合なことが多いけれども、(帝の)もったいないほどの御心遣いが比類もないほどなのを頼みに思って、(他の女御・更衣の方々と)宮仕えしていらっしゃる。 」と、 やうやう 天 あめ の 下 した にもあぢきなう、人のもてなやみぐさになりて、 しだいに世間でも苦々しく思われ、人々の心配の種になって、 楊 よう 貴 き 妃 ひ の 例 ためし も引き出でつべくなりゆくに、 楊貴妃の先例までも引き合いに出しそうなほどになっていくので、 いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへの 類 たぐい なきをたのみにて 交 ま じ らひ給ふ。

源氏物語「光源氏の誕生」の原文・現代語訳・解説|桐壺第一章 第一段

これが原因で「流れている」のです。 f 中国でも、このような原因によって、世の中も乱れ、悪いことになったものだと、だんだん世間一般でも、苦々しく、人々のもの悩みの種になって、楊貴妃の先例までも引き合いに出してしまいそうになっていくので、(更衣は)とてもいたたまれないことが多いけれど、恐れ多い帝のご寵愛が比類ないのを頼りとして、(ほかの女性たちの間に)立ち混じって(宮仕えを続けて)いらっしゃる。

7
h 前世においても、ご宿縁が深かったのだろうか、世にまたとなく清らかで美しい玉のような皇子までもお生まれになった。 [現代語訳] (更衣の)父の大納言は亡くなり、 母の北の方というのが古風な教養のある人で(あったので)、 両親がふたり揃い、当面、世間の信頼がはなやかな方々にも、たいしてひけをとらず、 どのような儀式(=宮中の行事やしきたり)も取り計らったけれど、 これといって格別な後見人(=経済的、政治的な後ろ盾)がいないので、 あらたまったことがあるときは、やはり頼るあてがなく心細げな様子である。

「源氏物語」、今なら少年ジャンプ 角田光代さん語る:朝日新聞デジタル

父の大納言は亡くなりて、母北の方なむ、いにしへの人のよしあるに、親うち具し、さしあたりて世におぼえはなやかなる御方々にもいたう劣らず、何ごとの儀式をももてなし給ひけれど、取り立てて、はかばかしき 後見 うしろみ しなければ、事ある時は、なほよりどころなく心細げなり。 いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせてご覧ずるに、めづらかなる 児 ちご の御 容貌 かたち なり。

光源氏 「光る君」。