BMW・4シリーズ

今回、クーペが第二世代目へと進化。 即ち「安全・快適・静か」と、うっとりするサウンド、豪快なハンドリング、面倒なギアシフトによる操る感覚をどのように融合させその分岐点を作るか…である。

17
A賞:ニューBMW 4シリーズ48時間試乗+チームラボプラネッツ 4月に公開される新作を含む、BMWだけの特別ツアーへご招待。

BMW・4シリーズ

また、車両のキーを持たずとも、iPhoneをドア・ハンドルにかざすことで、車両のロック解除/施錠、さらには、エンジンの始動も可能である。 それぞれ、「ラグジュアリー」/「Mスポーツ」を用意。

3
米国ニューヨーク発の人気ライフスタイルブランドが、「Kith」(キス)だ。

BMW 4シリーズ クーペ|価格・新型情報・グレード諸元

430i クーペ Luxury:7,220,000円• 車両機能の強化や追加のデジタルサービスを、無線で取り込めるようにしている。

また、2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「430iグランクーペ ラグジュアリー」、3L 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「440iグランクーペ ラグジュアリー」を設定し、それぞれ「Mスポーツ」を用意。

【公式】BMW 4シリーズ クーペ ❘ モデル紹介

カブリオレには、3L 直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン搭載の「440iカブリオレ ラグジュアリー」、「440iカブリオレ Mスポーツ」を設定。 それぞれ、「ラグジュアリー」/「Mスポーツ」を用意。 傑出した美しさと圧倒的なダイナミズムを融合したBMWの新たなクーペ・モデル「4シリーズ」。

また、関西地区限定モデル「420iグランクーペ スタイルマイスター」(限定67台)を設定。 今回、長年にわたりミドル・クラスのプレミアム・オープン・カー・セグメントをリードしてきたBMW3シリーズカブリオレに代わり、新たに4シリーズ 「435iカブリオレ」、「435iカブリオレ ラグジュアリー」、「435iカブリオレ Mスポーツ」を設定。

【BMW 4シリーズ 新型まとめ】巨大キドニーグリルは見慣れた?…価格や限定モデル、試乗記

新型のボディサイズは、全長4768mm、全幅1852mm、全高1383mm、ホイールベース2851mmだ。 ラインアップは、2L 直列4気筒BMW ツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「420iクーペ スポーツ」、「420iクーペ ラグジュアリー」、「420iクーペ Mスポーツ」、2L 直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「428iクーペ」、3L 直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「435iクーペ」を設定。

3
420i xDrive グラン クーペ:6,330,000円• 8速ATトランスミッションを組み合わせる。

【BMW 4シリーズ 新型試乗】時代に抗う反逆児!「五感で愉しめるクルマ」は久々だ…中村孝仁

BMWならではのショート・オーバーハング、ロング・エンジン・フード、流れるようなルーフラインにより、完璧なまでに美しくエレガントなプロポーションを形成。 今回、標準装備内容をより充実させ、BMWコネクテッド・ドライブを標準装備とした。

17
【440d】 直列6気筒 3Lディーゼルターボ 最高出力:340ps• 傑出した美しさと圧倒的なダイナミズムを融合したBMWの新たなクーペ・モデル「4シリーズ」。 キドニーの形は、時代時代で色々変わってきた。

4シリーズクーペ(BMW)の中古車

車重:1560kg• 420i クーペ M Sport:6,140,000円• オイルフィルターは取り扱いがないため、持ち込みます(既に調達済み)。

縦長キドニーグリルを中心とするノーズ周りの美醜もしくはそのアリ/ナシ、つまりは好悪に論点は絞られがちだ。 もちろんそうした要素は時代が求めるもので致し方ないし、それが自動車の進むべき方向であることは間違いないのかもしれないが、それとは別にほんの少しだけマジョリティーの流れに抗って、古き良き時代を懐古したいと思う心がある。