【2021】お勧め海外タイヤメーカーランキング【評価が高い】

車高が高く重量も大きなSUVでもしっかり止まる、曲がるを実現する専用パターンの採用によって力強いグリップ力を発揮します。

17
とくに高級車やスポーツカーなどの趣味の車(18インチ~などのタイヤなど)でなければ、タイヤメーカーやグレード(性能など)で選ぶ人って少ないと思います。

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカー毎の特徴を比較

東南アジア、南アジアなどに供給しています。 合併して、複雑にはなっていますが住友ゴムは「低燃費タイヤ」などのブランドを中心にダンロップタイヤを現在開発して販売しています。

20
0% フランスが世界に誇るミシュランです。

アジアンタイヤメーカー別性能比較

国内展開主要ブランド ダンロップ• 性能が高いと言うだけあり、価格は他のタイヤメーカーに比べると高額です。 ダンロップタイヤは、国産タイヤで人気のあるブランドです。 ブリヂストンタイヤは、夏タイヤと冬タイヤどちらも非常に、人気があります。

2
耐久性もとても優れています。

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカー毎の特徴を比較

ノースコンタクト (スタッドレスタイヤ) 【タイヤメーカー人気ランキング第5位】住友ゴム(ダンロップ・ファルケン) ダンロップ公式サイト 出典: ファルケン公式サイト 出典: 世界のタイヤ市場シェア率:4. またどのメーカーも、国内需要に力をいれてますので、国内自動車メーカーとの相性もバッチリです。 出典 HP 四季報 www. ブリヂストン W300 スタッドレスタイヤ W300は、 軽商用車向けに開発されたスタッドレスタイヤ。

19
「ヨコハマタイヤ」としてのブランドを持つ横浜ゴムも世界で8位と健闘しています。

[最新版]世界のタイヤメーカー別ランキング[売上高]

近年のアジアンタイヤの性能や評価を上げたのはハンコックのおかげと言っても過言では有りません。 SUVには、「SCORPION」が準備されています。

9
ドイツの会社ということもあり、メルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲンなどの新車装着タイヤとして納入されることが多いメーカーです。

[最新版]世界のタイヤメーカー別ランキング[2019年売上高]

クロスクライメート(オールシーズタイヤ)• 同社のコアテクノロジーとなる「 MAXXシャープエッジ」と「 ナノフィットゴム」を採用することで氷上・雪上における高い走行性能を実現しています。 凍結路面で優れている、 液状ファルネセンゴムという特殊なゴムが、アイスバーンでのブレーキ性能を高めてくれています。

5
ミニバン・SUV専用タイヤ• グッドイヤーは、アメリカ合衆国で作られているゴムです。

おすすめ国産(日本製)タイヤ比較と人気メーカーランキング一覧。安い購入先も調査してみた。

特にウェットコンディション時は、高速走行を想定したノーマルタイヤと比べ、氷上や雪上の低速走行を想定したスタッドレスタイヤは排水量が少ないため滑りやすく、制動距離も伸びる傾向にあります。

ポテンザでは3モデルのライナップで、サーキット走行でそのまま使えるだけの性能を持ったタイヤもあります。

【2021】お勧め海外タイヤメーカーランキング【評価が高い】

更にタイヤが柔らかいことで制動距離も伸びてしまいます。 年に数回しか雪が降らない地域では、降雪時に立ち往生しているノーマルタイヤ装着車を見かけることもありますが、自分自身が困るだけでなく、他の交通を妨げてしまう原因ともなります。

9
現在も日本を代表するブランドとして、第一線で世界と戦い続けるブランドです。 今でこそMichelinを履いてる管理人ですが、次履き替えるならYOKOHAMAadvansportかなぁって思ってます。

『スタッドレスタイヤ』おすすめメーカー人気ランキング6選

1871年創業の自動車部品やタイヤを作っています。

4
TOYOタイヤのセカンドラインとして独自性を持つブランドとして、海外市場をターゲットとしたタイヤであります。