更年期障害の症状・原因|くすりと健康の情報局

頻尿は泌尿器科で不眠のときは精神科など。 一方、うつ病は 30~70歳の女性に発生しやすいようです。 このテストステロンは「筋肉や骨を強くする」「性機能を正常に保つ」「行動力や判断力を高める」といった役割を持っています。

6
この場合、精神的ストレスが多い人の方が、症状が長引く傾向にあるようです。 男性ホルモンが作られるのは精巣です。

更年期障害が起こる年齢とは?症状・治療法まで詳しく解説

どんな症状がありますか? 更年期障害の症状は大きく3種類に分けられます。 漢方薬 ホルモン補充療法( HRT )や向精神薬の使用に抵抗がある人は、まず漢方薬での治療を始めることが多いです。

16
禁煙開始時の1日のタバコの本数が少ない場合はガムのほうが禁煙に成功しやすいと言われています。 ほてり• また、動悸や息切れなど単体の症状のときは別な病気が隠れている可能性も否定できないので、内科や循環器内科などでも診察してもらいましょう。

更年期障害:症状はホルモンによってほとんど引き起こされません

漢方薬 不定愁訴と呼ばれるさまざまな症状が現れている場合や、ホルモン補充療法がおこえない場合は漢方薬で治療するのが一般的です。 市販薬 病院での治療に抵抗がある場合は、 ドラッグストアなどで販売されている市販薬を利用することも有効です。

疲れやすい• 性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH) 性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促す。 若年性更年期障害については、をご参照下さい。

女性の更年期障害はいつからいつまである?閉経年齢が主な原因

ホルモン剤は内服薬のほかに、皮膚に貼るパッチ剤や皮膚に塗るジェル剤もあります。

16
精神的な症状が強く出ている場合は、ひどく落ち込み、外出どころか家事もままならないような状態になることもあります。

40代からは要注意! 男性の更年期障害について知ろう|【ココカラクラブ】ドラッグストアのココカラファイン

ここで大事なのは、更年期障害の背景に心的ストレスや性格的なものがあるので、薬物療法だけでは十分でないことがある、ということです。 男性更年期障害は恥ずかしいことではなく、年齢とともに誰にでも起こりうるものです。

19
できそうなものから取り入れて、いきいきと毎日を過ごしましょう。

更年期障害がひどくなる年齢

この更年期障害には、 「身体的症状」と「精神的症状」、「その他症状」があります。

内臓疾患によらないむくみは水分・塩分の摂りすぎや長時間同じ姿勢でいることなどで発生します。 40代、50代は家庭の主婦であれば、子どもの成長と独立、夫の定年、親の加齢による病気や死、などの変化が訪れるときであり、また働く女性には仕事の責任が増してくる時期です。

更年期障害|公益社団法人 日本産科婦人科学会

・頭重感• ただし、ご両親の遺伝は劣性遺伝であることや、環境の変化もあるため、 必ずしもご両親の年齢や姉の年齢がご自身に当てはまるとは限りません。 このような外的なストレスに加えて、体の中ではホルモン低下という変化が起こるので、上手にストレスマネージメントができないと、更年期障害は重症化してしまいます。

女性の場合、小児期が過ぎると、12歳頃に初潮を迎える思春期を迎え、20歳から45歳くらいまでの姓成熟期、50歳前後の更年期、55歳過ぎの老年期を迎えます。

若年性更年期障害の症状・原因・チェック|病気・症状チェック

これが更年期障害の原因になることも多いのです。 特に悩んでいる人ほど、「同年代の女性はみんな悩んでいるのに、私だけ治療を受けるなんて…」と受診をためらいがちです。 更年期障害の症状によって年齢が異なる 更年期障害の各症状が現れる年齢には、違いがあります。

9
3カ月ごとに副作用がないかをチェックし、効果があれば継続して治療を行います。 そのようなときは、以下の表を参考にしてみてください。