東京新聞杯(2021年)朝一オッズ予想

3番人気以下【0-0-0-25】 カテドラルが前走オープン特別で2番人気以内。 時計は目立たないが、ストライドは広くとれているし、脚元の動きも力強い。 また昨年は1番人気のレッドヴェイロンが大敗していますが、単勝オッズ4. 母は4歳から競走馬として軌道に乗り始めていたが、本馬においては父系も晩成傾向にあるので、昨年2着以上の結果にも期待できるだろう。

4
大勢はこれは苦しいローテと思い、それは勝ち切るまでは無理だろうという内容もそれと符合したものであり、納得感はあったが、矢作調教師や福永騎手は少しニュアンスが違っていた。 さらに直近5年で連対したディープ産駒7頭のうち6頭が母父に欧州血統(ノーザンダンサー)を内包しています。

【東京新聞杯2021年】競馬予想!予想オッズ③人気:ダイワキャグニーを分析!マイルはどうなんだ!?|スマイルトレンド情報

もともと東京マイルはベストの条件。 1番&2番人気の本命予想なんてつまらない!戦おう!!. 知らんかった。

10
今の時代というか、ここ5年ほどでローテの多様性はある種また進展することで、休養明けという概念がなくなりつつある。

東京新聞杯2021予想|過去の傾向とデータ分析│重賞ナビ

かつての所属騎手を鞍上に配してきた。 相手次第の面もある。 現在2勝3勝クラスを連勝中。

9
その場合関西の人気馬が大きなプラス要素になりますが、社台F生産馬は2~3着が多いことや1~2番人気のディープ産駒も飛ぶことが多いのが不安要素。

東京新聞杯2021レース結果・払戻:1着カラテ(11.6倍)2着カテドラル(34.2倍)3着シャドウディーヴァ(7.2倍)|競馬予想のウマニティ

【コメント】 非ノーザンF系。

16
だが、少なくとも1頭以上の伏兵は、上位に絡んでくるだろう。

東京新聞杯2021出走予定馬予想オッズ(ヴァンドギャルド1番人気) =競馬ナンデ=

僚馬と長い時間並んでいても、行きたがることなく落ち着きを保っているあたり、状態の良さがうかがえる。

」 蘆口「他だと、1番ダイワキャグニー・12番トリプルエースが良いと考えていますよ。 広いコース向き。

東京新聞杯2021予想|過去の傾向とデータ分析│重賞ナビ

レシステンシア 戦績7戦3勝 栗東・松下武士 父ダイワメジャー 母父Lizard Island 前走はマイルCS(G1 阪神芝1600M)に出走し、4番人気だったが結果は8着。 おまけに母母父はオルデンタイムでウォーレリック直系で、トウルビヨン系・ジェベルのクロスも血統表に現れるくらいだから、異系色があまりに強すぎて癖がある。

7
完調にはひと息のように思える。