日本の天才プログラマーが作った無償提供中のシン・テレワークシステムのSSL

トリガー PC を用いて Wake on LAN パケットを送信するユーザーは、トリガー PC にリモートログインできる必要はありません。 (1台の常時ONPCの電気代は必要経費と考える)• ご了承くださいませ。

14
どういうシステム? シン・テレワークシステムは、NTT東日本と情報処理推進機構(IPA)が中心となって構築したシステムで、2020年10月31日まで無料公開されています。

いまさらながらにシン・テレワークシステム:谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」:オルタナティブ・ブログ

そこで、会社PCと自宅PCにソフトウェアをインストールするだけで(管理者権限も不要)、遠隔操作できるのが、今般発表されたツールになります。 つまり通信プロトコルは解析されているわけで、セキュリティが高いとはちょっと言い難いです。

15
つまりシン・テレワークシステムさえあれば、手軽に社外から社内の自分のPCのデスクトップにセキュアにアクセスして しかも今なら無料 、必要な仕事やデータ操作ができる、ということなのだ。

NTT東日本とIPAによる「シン・テレワークシステム」の無償提供の延長について

リストに登録されていないサーバー端末は動作禁止する — 行政情報システム適応モードのみ 独特な Wake on LANの仕組み(複雑な仕組み専用設備が不要)• インストール先を選択します。 システムの特長 本システムでは、普段お使いの組織内パソコンの画面を、インターネットを経由して自宅パソコンに転送し、キーボード・マウスの操作ができます。

7
3を終端します。 社内PCの方が解像度が高いと、自宅PC側ではデスクトップ全体をスクロールしながら操作するか、本来の解像度より縮小させて 一段と表示がぼやけたような状態で 利用することになる。

シン・テレワークシステムをためしてみた

次に、パスワードを設定します。

17
そのうえで、ソフトウェアの工夫により、1台の装置あたり少なくとも1,000セッション、多くて2,000セッションの1GbpsのSSL-VPNを処理を可能とした。 開発に携わったさん(NTT東日本 特殊局 特殊局員)は4月1日、同社に非常勤社員として入社。

NTTとIPAの「シン・テレワークシステム」はラズパイだった。1ユーザーあたり月14円で運用可能

高度ICT人材を育むためには 登さんは、日本では海外のサービスを輸入し、組み合わせて使っていることが多いと指摘する。

5
一度や二度跳ね返されたからといって、諦めてしまっては本質的な課題解決はできません。 「私の経験では組織に自分がやりたいこと、組織を挙げて取り組むべきことを主張して、無下に却下された経験は一度もありません。

NTT 東日本

重要なお知らせに目を通してください。 全画面表示にすれば、自宅PCがそのまま会社PCのように見えます。

「 完了」をクリックします。 会社のPCには「サーバー」をインスールします。

7万人が利用する「シン・テレワーク」、来年10月末まで延長

Windows 10 Pro のリモートデスクトップ機能をオンにし、• 下の画像では念の為ぼかしています。 「設定用パスワードの設定」をクリックします。 図 1. 図 2. なぜ、このようなシステムを短期間で開発できたのか。

11
「サーバー」には、「共有機能有効版」と「共有機能無効版」とがあります。 インストールは一般ユーザーで可能です。

IPAとNTT東日本による「シン・テレワークシステム」無償開放の期間延長について:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

現在、IPAサイバー技術研究室長のほか、ソフトイーサ株式会社代表取締役、筑波大学産学連携准教授、NTT東日本特殊局員など、さまざまな顔を持つ 登さんは10代から天才プログラマーとして名を馳せてきた著名人。

13
しかも、画面転送型(実際の処理はサーバー=会社PCで行い、クライアント=自宅PCには画面データだけを送信して表示させる)のシステムなので、更に安全性が高まります。