ジビエ料理店、レース鳩を「撃ってきました」→関係者激怒 県も調査中、店側は釈明: J

日本鳩レース協会は13日の取材に、会員からの報告で投稿を把握したといい、「レース鳩で間違いない」と断言。 猟師の話では、ハトの持ち主はまだ見つかっていないとする。

新井康夫さんは、東松山市で 農家の次男として育ったそうです。 。

【閲覧注意】埼玉県坂戸市の居酒屋「ジビエバンデット」、レース用の鳩を捕獲して客に提供か

今回は調理法以前の問題だけど、調理法もあかんやつだった。

13
男性は「レース鳩の飼い主様への誠実な対応と、狩猟者としてルールを正しく守り、周囲への配慮もできないのであれば銃は持つべきではないと思います」とも説いた。

【炎上】レース鳩射殺の「ジビエバンデット 坂戸店」、責任転嫁&客に提供してないと言い張って全力土下座wwwww

なお、安い価格帯のレース鳩だが、参考にどれくらいするのか画像をUPしておく。 ちなみに、新井康夫さんは埼玉県東松山市出身なのですが、実家は農家をされていたようで彼は農家の次男として生まれ育ったとのこと。

念願であった鳩レースを楽しむことになりましたが、 50才の頃に仕事の都合で転勤。 誤射なども考えられない。

レース鳩(伝書鳩)を捕獲して居酒屋で提供した埼玉県坂戸市「ジビエバンデット」が話題に!「狩猟やめちまえ」との声も

— (遊)豊和精機製作所 HowaSeiki レース鳩捕獲して居酒屋で出すとか、いやいやそんなバナナ 古い と思ったら、マガモと称してコガモ獲ってるね!? あれだけサイズ違うものをどうやって間違えるの…😱 そして写真には三羽写ってるんだけど、マガモいないの草 狩猟免許って種同定こんなガバガバでとれるの…? — ぐっちー nebusoku23 レース鳩はじめ非狩猟鳥獲ってた店、ジビエの生肉出しとる… ジビエ系の飲食店では「お店が出してるんだから安全だろう」はまかり通らないということがまた露呈された。 そのため、身長や体重、血液型といった基本的なプロフィールは明らかになっていませんでした! また、「人生の楽園」が放送される時点では年齢が69歳ということだったので、1930年か1931年生まれだということはわかります。 また、今回炎上した事で他の疑惑も出ているようです。

また、畑で農作物を栽培したり、 スローライフを楽しんでいるそう! 定年退職後、 やっとご自分の楽しみに没頭できて、 良かったですね。 そこで、新井康夫さんがレース鳩に興味を持ったキッカケを調べてみることに・・・。

ジビエ料理店、レース鳩を射殺「撃ってきました」→関係者激怒 レース鳩協会「特定する」県も調査中、店側は釈明|🐦

日本では、ビジネスという感覚よりも趣味という感覚のようですが、海外では鳩レースは立派なビジネスの1つなのでしょう。

しかし、 現在のレース鳩は数世紀の長い期間で 改良されてきているそうで、 帰巣能力と飛翔能力が 土鳩と比べ飛躍的に発達しているそうです。

【炎上】レース鳩射殺の「ジビエバンデット 坂戸店」、責任転嫁&客に提供してないと言い張って全力土下座wwwww

ましてやレース鳩の脚環がついているのに、何の疑問も抱かなかったのか不思議でしょうがありません。 これが普通の鳩です。 職業:レース鳩調教師• 同じハンターとして強い憤りを覚えます」と話す。

19
レース鳩を違法に射殺し、その肉を振る舞っていた居酒屋が存在するらしい。 従業員によれば、下処理済みの肉を調理の勉強のために仕入れ、客には提供していない。

【炎上】埼玉県坂戸の居酒屋ジビエバンデットがレース鳩を捕獲で客に提供?

持ち主さんにも申し訳ない気持ちです」と陳謝。 もくじ• 意図して発砲している。

レース鳩は飼い主がいるので、この事件をペットの犬や猫を撃ち食肉とする行為と変わりないという意見も出ています。 後遺症なし!詳細はピン留め CookDrake ただ、Facebookはアーカイブを残されたているため言い逃れは出来なさそうですね。

【炎上】埼玉県坂戸の居酒屋ジビエバンデットがレース鳩を捕獲で客に提供?

当時は、レース鳩というのはとても高価なもので、一般家庭ではなかなか手が出なかったモノだったそうなのですよね~。

15
子供の頃から動物を飼育するのが好きだった新井康夫さんは、動物園の飼育員になるために自動車関係の会社を退職し、地元の動物園に転職されたとのこと。

【閲覧注意】埼玉県坂戸市の居酒屋「ジビエバンデット」、レース用の鳩を捕獲して客に提供か

これは誰かが飼っている事を同時に意味します。 スポンサードリンク 鳩のレースとは? 出典: ところで、鳩のレースって いったいどんなレースなのでしょうか? 鳩レースとは、 複数の愛鳩家が各自の飼育している鳩を持ち寄って、 同一地点から 放鳩地 から同時に放鳩し、 誰の鳩が速く帰ってくるか競うものです。 埼玉県自然環境課は同日の取材で、「 当然レース鳩を撃っていいという法律はない。

彼らを保護して連絡すると大抵は菓子折りになって帰って来た。